HAWAIIと家族とkylaとアレコレ

ハワイ大好き!7歳5歳10ヶ月3兄弟子育て絶賛真っ最中!

☆家族旅行 計画編・レンタカー✴︎この秋に行く家族で初めてのハワイ旅行☆

ハワイ計画 レンタカー編

 

f:id:kylalala:20170723013854j:plain

レンタカーの助手席から撮ったハワイのノースショアへの道

 

 

 

 

 

カイラです☆

 

 

 

 

 

ハワイに行く計画って、考えてるだけでもすごく楽しい。

ハワイの事を思い浮かべてニヤニヤしながら色々検索したりしてます。

 

 

私の場合、ハワイに行く時はほとんどレンタカーを借りる。

バスやトロリーだとその乗車時間に合わせて動かなきゃいけないし、ノースやカイルアの方まで行く時などは乗り換えとかちょっと面倒に思えてしまう。

レンタカーだったらどこ行くにも何するにも自由なのでフレキシブルに動けます。

お買い物し過ぎてもへっちゃら。

ましてやわんぱく盛りの子連れ旅行。

赤ちゃんがいたりするとお昼寝したりオムツ替えたり授乳したりと車があるとベビールーム代わりにもなるのできっとすごく助かると思います。

移動自体も子供がグズろうと眠たかろうと周りの目を気にせず自分達のペースでできるのでやっぱり子連れの家族旅行にはレンタカーがベストだと思います。

 

 

レンタカーを借りるには、事前に日本で予約する方法と、現地で借りる方法があります。

もしレンタカーを借りるつもりでいるなら断然日本から予約して行く事をオススメします!

 

まず値段が断然安い。

 

現地で借りると2倍〜3倍なんて事も余裕であります。

しかも保険の事とか英語や片言の日本語で説明されてもちゃんと理解出来なくていざっていう時に多額の請求をされてしまうなんて事にもなりかねない。

さらに、現地で借りるとちょうど良いサイズの車が出払ってしまっていて、2人で乗るのに大型のバンしかないとか、家族で乗りたいのに1日何百ドルもするオープンカーしかないなんて事も。。

 

やはり、レンタカーを借りようと決めているなら確実に日本から予約をしていくのがベストです。

 

日本から予約できるサイトは色々ありますが、私が一番オススメするのはrentingcars.com という比較サイトです 

 

f:id:kylalala:20180601230034p:plain

 

 

中でもプレミアムプロテクションっていうプランがとてもオススメ。

 

・自車輌損害補償・対人対物保険・搭乗車損害保険・走行距離無制限・必要な税金等・返却時ガソリン補給不要・追加運転者一名分

 

これが全部込みなんです。

普通、追加運転手をすると1日あたり10ドル〜14ドル位するのでとてもお得ですし、返す時にガソリンを満タンにしなくて良いというのもバタバタしがちな帰国日に実はとても助かるんです。

イザって時にガソリンスタンドが見つからないとか、場所は分かってるけど渋滞に巻き込まれてフライトまで時間が無いっ!ってなって焦ることもけっこうあるので。

 

ここで予約をすると予約確認書(バウチャー)がメールで送られてくるのでそれを印刷して、当日営業所のカウンターで提示すればオッケーです。

 

 

そして、この比較サイトの中でもお子様がいるご家族様にオススメなのは、アラモ(Alamo)というレンタカー会社です。

f:id:kylalala:20211004195854j:image

↑アラモのカウンター

 

ハワイでは7歳以下または身長及び体重が基準値(143cm、18キロ)以下の子供に対し後部座席への幼児専用シートの着用が義務付けられているのですが、オプションで子供のチャイルドシートやブースターシートを借りると1日だいたい13ドル+Tax位かかるところが多いのですが、アラモだと1日7ドル+Taxで借りられるのです。

1日や2日しか借りないっていう人にはあまり大した差額ではないのですが、5日とか6日とかになってくると結構バカにできない額になります。

子供が2人いたり3人いる方なんかはもちろん人数分必要なのでチャイルドシート代だけでかなりの額になってしまいます。

 なのでお子様がいる場合、できればアラモでレンタルするかチャイルドシート自体を日本から持参して完全にそのお金を浮かせるかが良いのではないかと思います。

ちなみにうちは日本から持参派。

 

では、チャイルドシートをレンタルするのと持参するのとではどっちが良いのか比較してみようと思います。

 

 

 

チャイルドシートをレンタルする場合

 

メリットとしては、まず身軽。

そして、もちろんハワイでの使用に際して確実に適合しているものを借りる事ができます。

 

デメリットとしては、使い回しなので不衛生という事です。チャイルドシートって、汗かきやすいですからね。

お肌の敏感な子や綺麗好きの親御さんにはキツイです。

タオルやシーツなど、せめて何か一枚間にかませたいところです。

そして、借りる期間が長くなると割高で費用が嵩む点ですね。

 

 

 

日本から持参する場合

 

 メリットとしては、使い慣れたものなので子供も安心感があり親も取り付け方にまごつかない点と、費用が一切かからない点。

 

デメリットとしては、持ち運ぶのに嵩張る。重たいというところだと思います。が、車を借りるのも返すのも空港だという人には空港内の移動にチャイルドシートを持って移動するのがちょっと手間取る位で、レンタカーを借りてしまえばすぐ使用出来てあとは快適です。

ただ、日本のものとは規格が違ったりするので現地の規格に適合しているかどうかといった心配があります。

向こうの警察もわざわざ車を止めて適合しているかの確認なんてしたりはしないでしょうが、万が一事故ってしまったり何かあった時などはそういったところも確認されるかもしれないという事を頭に入れておかなければなりません。

 

そもそもチャイルドシートを飛行機に持っていけるの?飛行機に乗る時にそれ自体にお金がかかったら意味ないじゃん。って思われる方もいると思うのですが、だいたいどこの航空会社も子供1人につき1つのチャイルドシート及びベビーカーは無料で手荷物として預け入れ出来るのでご心配は無用です。

ただ、全部の会社が大丈夫だとは言い切れないので利用する場合は事前に確認をして下さいね。

 

 

あと実はもう1つの手段として、チャイルドシートを現地調達する というものがあります。

 

これのメリットは、ターゲットなどの大型スーパー等で一台$40ドル前後で売っていたりするので長めにレンタカーを借りる人にとってはチャイルドシートをレンタルするよりは買ってしまった方が安上がりになります。しかも新品なのでもちろん清潔な上に現地で買えばアメリカの基準に適合したものが置いてあるので適合してるかな?と悩まずに済みます。

 

デメリットとしては、現地で調達するという事は、調達してる間は子供を車に乗せられない為、パパやママのどちらかが子供のおもりをしてその間にもう一方が調達に走るというタイムロスが起こるというところです。

 

空港で車を借りずにホテルの近くで借りるという方には一番オススメかもしれません。

空港で借りる場合は、お子さんと一緒に待つ方の親御さんは1時間ほど空港内で時間を潰さなければならないのでお子さんが飽きないようにオモチャや絵本、お気に入りのゲームなどを予め用意しておいた方が良いと思います。

 

 

ちなみに今回(2018年10月のハワイ旅行)我が家が借りる車は、アラモの7人乗りのミニバンで、Dodge Grand Caravan もしくは同程度の車で6日間で$369.33 です。(安いっ!)

これが他のレンタカー会社だと$464.48やそれ以上するところがほとんどなのでやっぱりアラモがお値段お手頃でオススメです。

f:id:kylalala:20211004195339j:image

↑ダッヂのキャラバン デッカくて本当に最高な車。旦那さんは、これを日本でも乗りたいと必ず言う。 分かるよ。分かるけど、日本じゃ大き過ぎて細い道は行けないのだよね。


f:id:kylalala:20211004195342j:image

↑室内の様子。二列目と三列目。三列目だって余裕で広い。荷物沢山載せられます。

 

 

ただ、アラモのレンタカー、空港で借りる場合他よりもちょっと劣る点があるんです。

それは、営業所が空港から少し離れているところです。(他の会社も結構離れてるとこ多いですが)

空港の出口を出て、中央分離帯みたいな場所にある停留所で定期的に送迎シャトルバス(もちろん無料)がやってくるのでそれに乗り込みアラモの営業所まで行かなくてはならないです。

シャトルバスも10分や15分おき位で定期的にやっては来るのですがタイミングが悪いと少し待たなくてはならなかったり。

返却する時も同じ様に営業所まで行き車を返却。そして営業所からまたシャトルバスに乗って空港に行くといった感じで少し手間と時間がかかります。

 

でも、その手間をかけても尚お値段がお手頃な方が勝ると思ってしまうので私はいつもアラモを選んでしまうのです。

 

100ドル違うと美味しいご飯食べれるなとか、もう1つ自分のお土産買えちゃうなとか思わずにはいられないんですよね。。

 

 

それと、車種選びも慎重に練らなければなりません。

5人家族だから5人乗りのコンパクトカーでいいよね?

って思いますよね。間違い無いんですが、これは海外旅行なので5人家族分の大荷物が付いてくるわけですよね。

パパママは大型のスーツケースを持参してると思います。そして子供達の荷物やベビーカー、帰りはそこにお土産までプラスされるんです。

5人乗りのコンパクトカーのトランクにそれらを全部積められそうかの確認は必須です。

載せられそうなら全然構わないのですが、我が家は毎年絶対に載せられないので7人乗りを借りいるのです。

それでも帰りなんかはもうパンパンです。

まぁ、2人乗りバギーとか嵩張るものを載せてて、お土産も大型のスーツケース並に大きなバッグや袋に2つ分とかになっちゃうしってのもあるのですがね。

 

 

ではでは、色々お伝えしましたがそれらを総合的に考えて、皆さんに合った選択をしてほしいと思います。ご参考になれば幸いです☆

 

 

 

 

カイラ