HAWAIIと家族とkylaとアレコレ

ハワイ大好き!7歳5歳10ヶ月3兄弟子育て絶賛真っ最中!

偏頭痛とロキソニン断ち

 

偏頭痛とロキソニン断ち

 

 

 

 

カイラです

 

 

 

最近はなるべくブログをコンスタントにあげるようにしてたのに、ここ数日間それが出来なかった。

理由は私の偏頭痛。

片頭痛?

どっちだ。とりあえず変換で先に出てくる[偏頭痛]でいこう。

 

その偏頭痛のせいで数日寝込み、治ってからは数日のツケで忙しくしていてブログを更新する時間も気力も無かった。

 

 

ちょっと(だいぶ)長くなるけどこれを機に私の唯一の持病と言ってもいい【偏頭痛】の話をしたいと思う。

 

 

頭痛持ちの日本人は多い。

度合いはそれぞれだけど4割位の人が抱えていて国民病とも言われているらしい。

 

私もそのうちの一人。

 

子供の頃からずっとそう。

多分小学校低学年からだと思う。

 

でもその頃はたまに痛くなる位。

おでこの上の方で、右側のときもあれば左側の時もある。こめかみ付近の事も多い。

まだ痛みは我慢出来るくらいだった。

 

中学生の頃には頻度も増して来ていたけど薬(イブプロフェン)を飲めばすぐに治った。

 

ただ、私には合わない薬があって、バファリンを飲むと気持ち悪くなってしまう。

EVEなら大丈夫なのにバファリンはダメ。

当時はなんでか良く分かっていなかったけど、単純に鎮痛薬としての成分が違う。

バファリンはアスピリンなので私にはそのアスピリンが体に合っていないのだと思う。

 

だから頭が痛くなったらとにかくイブを飲んだ。

もう、御守りのようにどのカバンにもポーチにも必ず忍ばせていた。

 

そこから二十代前半位まではそうして偏頭痛が起これば早め早めにイブを飲む。

そんな生活をしていた。

薬を飲むタイミングが遅くなるとなかなか効かずに苦しむ事もあったけど、早めに飲めばちゃんと効いてくれていた。

 

 

ある時、病院で処方してもらえないと飲めなかった《ロキソニン(ロキソプロフェン)》が、市販薬として薬局に置かれるようになった。

 

 

私は飛びついた。

 

 

特にイブで問題は無かったのに、ロキソニンの方が効き目も強くて早く効くんじゃないかと思って長年連れ添ったイブからキラキラと眩しいスポットライトを浴びた新商品に乗り換えた。

 

 

しばらくはイブと同じように使用し効いていた。

この頃は週に2回程偏頭痛が起こっていたのでその度にロキソニンを飲んでいた。

そんな生活をし続けて30歳になったある時、長男を妊娠した。

 

もちろん、妊娠中は大抵の薬が飲めなくなる。

当然ロキソニンもイブも飲めない。

妊娠中に飲める唯一の痛み止めは《アセトアミノフェン》という成分のもの。

いわゆるカロナール

市販薬でいうところの新セデス錠とか。

 

 

妊娠中はなぜか今までより偏頭痛が起こる頻度が減った。

これは有り難い事だったけど、全くないわけじゃない。

たまに襲ってくる偏頭痛にしばらくは薬を飲まずに耐えた。

 

飲んでも大丈夫と言われているアセトアミノフェンでさえも、初めての妊娠だった私は、

 

妊婦ハ薬ヲ飲ンデハイケナイ 

 

と、いにしえの言い伝えに縛られて怖くて飲めなかった。

 

 

薬が飲めない時の偏頭痛は地獄。

まさに地獄。

 

冷えピタをおでこに貼りつつ、アイスノンの枕に痛い部分を押し付け悶える。悶え苦しむ。

三日三晩続く事もあった。

 

さすがにこれではストレスがありすぎて逆に胎児に良くないんじゃないかと気付いて産婦人科の先生に言ってカロナールを処方してもらう。

でも先生が、

 

 

「多分、効かないと思うけどね。」

 

 

なんですと?

 

効かない薬を処方するだと?

 

やっと文明の利器を受け入れようとしているというのに、効かないなら取り入れる意味がない。

だけど、私には効くかもしれないという希望も捨てきれない。

 

一応カロナールを処方してもらい、来たるその時に備えた。

来た。

飲んだ。

 

全然効かないじゃないか。

先生、本当だねっ!効かないねっ!

 

やっぱり効かないのだった。

 

 

その後、先生が妊婦が飲める最大量のカロナールを処方してくれて、なんとか薄っすら効くようになった。ほんとに薄っすらだけど。

 

 

そうしてどうにか妊娠期間を乗り越え、更にその後1年半同じように普通の薬が飲めない授乳期間をも乗り越えた。

 

長かったな。

 

 

そんなある日また偏頭痛がやってきた。

でも今回はイブプロフェンだってロキソプロフェンだって飲めちゃうんだ私は。

卒乳したのだ。

偏頭痛なんて速攻でおさらば。

で、主人が常用しているイブを飲んだ。

 

あれ?

 

なかなか効いてこない。

待てど暮らせど薬が効いてくる気配がない。

 

まるでカロナールじゃん!

 

 

私の体よ、一体どうなってしまったのか。

どの薬も効かなくなってしまったのか。

後日、再び偏頭痛がやってきた時に今度はロキソニンを飲むも同じ有り様。

 

あの地獄の日々をひたすら耐えるしかないのか。

 

偏頭痛の日の私はまともに母親でいられないし、いい奥さんでもいられない。

人ととして何もできないのだから。

 

効かないとわかっていても、ちょっとでも違うんじゃないかとイブかロキソニンを飲んだ。

結果はやっぱりおんなじなんだけど。

 

 

そしてそんな中2人目を妊娠。出産。

妊娠中はやっぱり何故か頭痛の頻度が減った。

でもなったら痛いし相変わらずアセトアミノフェンは効かない。

 

授乳期間もなんとか終わり、またイブプロフェンやロキソプロフェンを飲めるようになった。

でも、これまた相変わらずあまり効かずに偏頭痛が来ると悶え苦しむ日々が続いた。

 

 

そんな生活を見かねた主人が、ちゃんと病院で診てもらった方がいいと言ってある時家から通える距離にあった頭痛外来の病院へ行くことになった。

遅っ。

 

 

偏頭痛かどうかの問診票には、正に私だねと言った内容の質問が並んでいて、やっぱり私は紛れもない偏頭痛持ちなんだと思った。

 

MRIを撮って診てもらったら、先生から

「きれいな脳をしているね」

と意外にも褒めてもらえた。

そうなのか。きれいな脳みそなんだ。わたしは。

 

軽い脳梗塞とか小ちゃい腫瘍とかあってもおかしくないんじゃないかと思っていたから先生の言葉にはホッとした。

 

子供の頃から偏頭痛持ちで、最近はもっぱら頻度も増して更には薬も効かなくなったと先生に話した。

そして先生から聞かれた。

 

「普段からロキソニンを飲んでいたんじゃない?」

 

と。

 

え?そうですよ?

 

妊娠の数年前からはもっぱらロキソニンですよ。

授乳期間が終わってからもイブ時々ロキソニンですよ。

 

 

「ロキソニンはねぇ、ずっと飲んでると他の薬が効かなくなっちゃうんだよねぇ。もうやめた方がいいよ。ロキソニン。」

 

 

ガーン! ガーン!! ガーン!!!

 

 

そんな事知らなかった。

そんなの誰も言ってないし聞いたことなかった。

 

私は長年連れ添ったイブからロキソニンに変えてしまった。

イブはちゃんと効いてくれていたのに。

あのまま浮気せずイブを飲み続けていたら今でもちゃんとイブが効く体だったのかもしれない。

 

ショック過ぎる。

 

自滅じゃん。

自分でこんな体にしたんじゃん。私。

イブが最愛の人だと気付いたらもう手遅れだったみたいな、メロドラマみたいな事になってるじゃん。

 

 

先生が偏頭痛の人に効く薬で、《トリプタン》というものがあると教えてくれた。

これは効く人にはてきめんに効くらしい。

 

そして、保険がきいても自己負担で一錠約300円もする。

 

試してみるかと聞かれて即座に試しますと答えた。

効くか分からないのでとりあえず3錠。

 

飲むタイミングも大事だと言っていた。

 

偏頭痛は予兆がある事が多いのだけど、そのタイミングで飲んだ方が効くらしい。

でも私は偏頭痛持ちの中でも予兆が少ないと言うか弱い方で結構気付いたらもう痛いみたいな事が多い。

 

だからなるべくその辺は敏感になるように努めた。

そしてその日が来たので早めに飲んでみた。

 

いや痛いな。

ちょっといつもよりは楽な気もするけど、てきめんに効いてる感じはしない。

 

タイミング間違えたか。

遅かったのかもしれない。

 

錠剤はあと2つ残ってる。

チャンスはまだある。

 

 

その後2回のチャンスを生かしきれず、私は戦いに敗れた。

正確に言うと、二敗一分けといったところだったけど。

 

先生、効く人にはてきめんに効くって言ってたからな。

私にはてきめんに効いてないな。

てきめんに効かない薬に一回300円はかけてられないのでトリプタンは諦める事にした。

 

先生はこうも言ってた。

 

カフェイン断ちをした方がいい。カフェインも偏頭痛の引き金になる事が多いから。逆に偏頭痛が起きた時にカフェインを摂ると治る事があるよ。」

と。

 

その日から私は極力カフェインを摂らないようにする生活を始めた。

いや、また妊婦やん。

そう。妊婦&授乳中生活みたいなのagain。

 

コーヒーはもちろんカフェインレス。

大好きなコーラは、コカコーラから出てるゴールドの蓋のカフェインレスコーラ。

滅多に売ってないから見つけたら買いだめして自宅で楽しむのみ。

外食時はもっぱらジンジャエールに。

大好きなココアも意外な程多量のカフェインを含んでいるのでそれ以来ほとんど飲んでない。

 

その甲斐あってかだんだんと本当に頭痛の頻度が減った気がする。

もちろんたまにある頭痛は辛い。寝込む。

 

ロキソニン断ちもしているけど、これを機に体質改善しようと薬自体もなるべく飲まないようにしている。

だから偏頭痛が来てもひたすら冷やしてひたすら耐える。寝る。

もちろん合間に子育て家事炊事はしなければだけど。

 

 

そうして次男を産んでから3年半が経った。

その間に大事な用事などがある時は頭痛が始まったなと思ったら早めにイブを飲む事もあって、しばらく薬断ちしていた事もあってかまた少しずつ効くようにもなってきていた。

ロキソニンの影響が体から抜けてきたのかもしれない。

もしくはカフェイン断ちの効果があったのか。

 

 

そして私は3人目を妊娠した。

 

3人目を妊娠して7ヶ月目位までは嘘かと思うほど頭痛がなかった。

今までもなぜか妊娠中は偏頭痛の頻度が減った。

でも今回は激減。

あまりの体の違いに今回ついに女の子か?と思った。

8ヶ月目位からは月一位で頭痛があったけどそれでも少ない。

頭痛がない生活は本当に快適だった。

出産後、またあの頭痛生活が戻ってくると思うと憂鬱になるけどしばしの頭痛フリー生活を噛み締めた。

 

その後無事3人目のの子を出産。

 

男子かい。

良いけども。

 

 

そして今、私はまた授乳中でイブプロフェンを飲めない生活をしている。

もちろん、ロキソプロフェン断ちも続行中。

カフェインも。

 

カフェインは、ちょっと思い当たる節があって。

次男の授乳中に普通のコーヒーだかコーラを飲んだときがあった。

その日の次男、いつもはすぐ寝るのになぜか全然寝ない。おめめぱっちりんこ。

私が摂取したカフェインが母乳を通して次男行ったのかもしれない。

それ以外時に理由が思い当たらなかった。

だから私も私の子ももしかしたら人よりカフェインの影響を受けやすい体質なのかもなとその時に思った。

 

あくまで勝手に私が「思った」ってゆうだけのことなんだけど。

 

 

 

頭痛は、出産後見事に復活。

ある意味で妊娠中の体の神秘を感じた。

ホルモンってすごいな。

 

 

今は頭痛がしたらなるべく早めにカロナール(アセトアミノフェン)を飲んでいる。

頭痛度合いや飲むタイミングにもよるけど、効く時は効いてくれるようになった。

あのカロナールが効くようになるとは。

あの辛い時期を耐えた甲斐があった。

 

って言ってもこの数日のように、薬が効かず、ダウンする事もある。

きっと私は一生偏頭痛とは付き合っていかなければならないのだろうと思う。

そして、もうイブプロフェンを裏切らないと決めた。

授乳期間が終わったら、痛い時にはイブプロフェンにお世話になる事とする。

 

 

そんな私は最後にハワイに行った時に普段用のイブプロフェン、妊娠中授乳中用にアセトアミノフェンの薬をウォルマートで買っていた。

3人目を考えていたからちゃんとアセトアミノフェンも買っていた私。

ファインプレーだと自分でも思う。

 

なぜならアメリカは信じられない位市販薬が安い

本当に目を疑う安さだった。

 

 

私が買ったのはこの3種類。

f:id:kylalala:20211026200706j:image左の青いのがイブプロフェン。右の赤い2つはアセトアミノフェン。(含有量違う)

 

 

f:id:kylalala:20211026200836j:image私が買ったイブプロフェン、真ん中の段250錠の2個パック。

つまり500錠で$8.48‼︎ まさかの千円しない。

 

しかも、日本で言うEVE A錠はイブプロフェンが150mgで、その上のクラスのEVE A EX錠がイブプロフェン最大量の200mg配合。私がハワイで買ったのは同じく最大量の200mg

EVE A EXをマツ◯ヨで見たところ、40錠入りでおよそ千円位だった。つまり一回2錠だから20回分。

一回分50円といったところ。

 

 

ハワイで買った方は1錠で200mg配合されているから500回分ある。

2パックで、多めに千円だったと見積もっても一回分なんと

2円。

 

2円!!!

 

二円なのであります。

 

 

いかにアメリカの薬が安いか分かっていただけましたでしようか。

 

これは日本で買うのが馬鹿らしくなる。

 

もちろん、日本の薬は胃を守る成分が入っていたり何かと日本人にとって優しい処方になっているかもしれない。

安心感は確実にある。

けど、私は純粋に痛みに効く成分が既定の量入っていてくれたらそれでいい。

知らない薬は手を出すのは怖いけど、勝手知ったるイブプロフェン。

これはもうアメリカに行ったら買わない手はない。

いや、絶対に買った方がいい。と思う。

 

 

アセトアミノフェンは写真を撮るのを忘れて値段は忘れたけども、確実に安かった。

私は今、授乳中なのでこのアセトアミノフェンでなんとかしのいでいる。

含有量も問題ない。

 

 

ハワイに行って何を買うかって聞かれたら、絶対的に痛み止めだと答えたい。

薬なので人に渡すお土産には向いていないけど、自分用になら個人的には是非お勧めしたいなと思う。

 

 

 

 

ちなみに頭痛のお話やロキソニンを飲むと他の薬が…ってお話は本当なのかどうかは私には分かりません。カフェインと頭痛の因果関係に関しても。診察してくれた先生の個人的な見解なのかもしれません。なので鵜呑みにせず頭痛などでお悩みの方は一度受診される事をお勧めいたします。海外で薬を買うこともリスクを考慮した上ご自身の判断・責任でよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

kyla