HAWAIIと家族とkylaとアレコレ

ハワイ大好き!7歳5歳10ヶ月3兄弟子育て絶賛真っ最中!

スーパースター☆大谷君

スーパースター☆大谷君

 

 

 

 

カイラです

 

 

 

 

3年前のある日、

私の夢の一つが叶った。

 

 

旦那さんの仕事の手伝いをしている私。

 

その日もそうだった。

 

旦那さんに付いてとある仕事の現場まで向かった。

 

 

そこにはただならぬ空気が流れていた。

みんなどこか背筋を伸ばし緊張の色が伺えた。

 

それもそのはず。

 

この現場の主役は、あの

 

 

 

大谷翔平  選手なのだから。

 

 

 

この際ここでは普段勝手に呼んでいる『大谷君』と言わせてもらおう。

 

 

大谷君が、目の前にいる。

 

あの大谷君がここにいる。

 

同じ現場にいる。

 

同じものを見ている。

 

同じ空気を吸っている。

 

 

 

もう、考えただけでクラクラした。

 

旦那さんと一緒にいるが、そこはもう、目を瞑ってくれ。いや、もはや旦那もおんなじ気持ちだろう。

眩しすぎて、かっこよ過ぎて、クラクラした。

 

あの現場にいたほとんどがおんなじ気持ちだったはず。

 

 

なんて顔が小さいの。

なんて体が大きいの。

なんて手足が長いの。

 

異次元とはよく言われているけども、あぁそうともこれこそ異次元だとその言葉に納得。

プレーでの事を主に言われてると思うけど、存在自体が異次元。

 

 

夢見心地。

 

 

クラクラの次はふわふわした。

 

自分の意識がそこにないような不思議な感覚。

きっと意識が飛びかけてたんだろな。

 

 

ちょっとした仕事の合間合間にスタッフの方や関係者の方達と談笑してる大谷君。

 

なんて爽やかな笑顔なの。

そして気さくなの。

 

 

かっこいいのに可愛い。お茶目。

 

こりゃ参った。

 

知ってたつもりだったけど、大谷君を目の前にしてその色んな意味でのプラスのパワーの大きさにひたすら圧倒されていた。

 

 

そんな中、旦那さんに気づいて話しかけてくれる大谷君。

 

 

「今日もデカイっすね。笑」

 

 

今日程旦那を羨ましく思ったことはない。

 

旦那さんは身長193cm。

そう。大谷君と全く一緒。

しかも旦那さんはこの時大谷君と一緒に仕事をするのが3回目。

何と、大谷君に覚えてもらっている。

 

大谷君の脳みそのシワの一部にうちの旦那の記憶が刻まれているなんて。

 

何と羨ましいことでしょう。

 

 

 

大谷君が高校生の時、世にその存在を知らしめた時から私は大谷君のファンになった。

あの時から確実に光を放っていた。

いつか会えたら嬉しいなと、マイケルジャクソンやマドンナ、ジョーダンやロナウドに会いたい。会ってみたいとおんなじような気持ち、《会えるわけない》が前提の気持ちで会いたいと思っていた。

 

それなのに叶った。

そして今目の前で旦那に冗談を言っている。

大谷君が。

 

うちの旦那に。

 

ジョーダンを。。

 

 

信じられないけどそういうことも生きてれば起こるんだなぁ。

 

ゲッターズさん曰くその時の私の運勢は最高だったのだけど、ゲッターズさんに対する信頼感も爆上がりだこりゃ。

 

最高潮にラッキーだもんなぁ。

 

 

そしてそして、仕事終わりに旦那さんが声をかけてくれて、この奇跡の一枚を手にしました。

宝物。家宝。

 

一生自慢できると思ってます。

 

 

大谷君、MVPおめでとう!!

 

 

勝手に誇らしく思ってます。

私の人生に現れてくれて本当にありがとう!

 

 

 

私の浮かれポンチな顔は無視してください。

 

 

 

 

 

 

f:id:kylalala:20211115193509j:image

 

 

 

 

 

kyla